サーバーのリソースやネットワークのトラフィック監視にはMRTGがよく利用されます。
また、グラフツールとしてCACTI/RRDは定評があります。

更に柔軟なユーザーインターフェースを求め、過去に試作したグラフツールをご紹介します。

rrd_flash rrd_ui

[機能]

  • 選択リストやマウスドラッグによるダイナミックな期間指定
  • 最大値の指定(シェイプ機能)やタイル値変更による結果を即算出
  • 監視対象をグループ別に管理
  • 1グループ(ウィンドウ)に多数の監視対象を指定可能
  • しきい値を設定できるアラーム機能

サーバのリソース消費を抑えるため、画像データの生成をクライアント端末で行います。

現在、HTML5/JSやAdobe AIRへの移植を計画中です。